オーニングで“夏の日差し”を遮る、猛暑リフォーム!

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 11:05

オーニングで“夏の日差し”を遮る、猛暑リフォーム!

 

今年は特に 日差しが強すぎて 、、、

ギラギラ照りつける夏の太陽をシャットアウト。

 

夏の強い直射日光が室内へ侵入すると、室温がグングンの上昇してしまいます。

最近の住宅は気密性が高いため、夏の強い日差しで一度室温が上がってしまうと、そのまま熱が室内にこもる傾向にあります。

 

窓から入ってくる日差しを外部で遮り、室内への遮熱対策を考えましょう。

 

窓ガラスだけだと 日光が約20%カット、カーテンをしても約50%も入ってきてしまいます。

外側で日差しを遮ると、80%もカットできます。

太陽の熱を住宅内に入れずとても効果的です。室内の温度上昇を抑えることができるので、涼しく過ごすことができます。

冷房の効率もアップし、省エネに貢献できますよ。

 

スダレとヨシズは昔から使われている軒下に吊るしたり立てかけたりして日差しを遮れます。 ただし、天候には要注意です。

強い風が吹いたり大雨の時は、取り込んでおきましょう。あと、意外に大変なのが、オフシーズンの収納場所、、、

 

緑のカーテンもありますが、よく耳にするのが、間に合わなかったあ〜うまく育たなかったあ・・・(-_-;)

 

オーニングは、夏の強い日差しを遮り、室内の温度を下げる効果のあるキャンバス地の日除けです。

幅を選ぶこともでき、軒の出も調整できるので、窓からの直射日光も、住居の壁への直射日光もさえぎることができます。

ベランダに設置すると、室内だけではなく、ベランダの床の温度上昇も抑えることができます。

ウッドデッキなどと組み合わせれば、カフェ風の雰囲気を楽しむこともできますし、外部からの視線を遮ることもできます。

視線もカット

後付けも簡単なので、高い省エネ効果と、スタイリッシュなデザインや豊富なバリエーションで最近は夏のリフォームにとても人気です。

シェイド

オーニングには、建物の外壁に設置し、使用しない時は巻き取ってボックス内に収めるタイプ、独立フレームタイプがあり、

建物や敷地の条件に応じて様々な角度に対応するタイプ、前面の日除けを付け足し、前方からの日差しも視線も防ぐタイプなどがあります。

オーニング

 

山梨で夏リフォームをお考えの方は 自然素材で住まいづくり 望月工務店 へお気軽にご相談ください。

 

スポンサーサイト

  • 2018.09.20 Thursday
  • 11:05
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

     

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM